緑内障の原因 - 緑内障の治療法 〜改善エクササイズ〜


緑内障が進むと、どれくらい視野が狭くなってしまうのか、こちらの公式サイトで確認してみてください!

緑内障の原因

失明の3大原因である緑内障は、現在日本でも急増しています。

緑内障は自覚症状がありません。

ですから、気付いた時には症状が悪化している場合が多いく、
年間でおよそ2000人の方が緑内障で失明されているのです。


もしかしてあなたは、緑内障の原因を遺伝や
加齢のせいだとは思っていませんか?

ですが、真実は違います。

よく、身内に緑内障の患者がいるので、遺伝だとあきらめる方も
多いようですが、緑内障自体の遺伝ではありません。

家族が同じ環境で生活していれば、同じ病気や症状を発症することは多いです。
しかし、それは遺伝ではなく同じ食生活、生活習慣だから同じ病気になるのです。


では、どうして緑内障になってしまうのでしょうか?

実は、緑内障の原因は“血流障害”です。


血流障害がおこることで、目の周囲の眼筋、網膜、視神経が弱くなり、
房水のバランスが崩れて眼圧が上昇します。

そして視神経を傷つけ視野が狭くなっていくのです。

ですから、血流障害を改善することにより緑内障も改善されます。


そのためには、皮膚、筋肉、骨を、同時に刺激することで、
エネルギーの流れを正常に整え、自律神経の乱れを調整する・・・

それができれば、緑内障は改善されます。

更には全身運動を行い、臓器に汗をかかせることによって、より自律神経は整えられ、
血流障害を起こさない体を手に入れることができるのです。



失明の恐怖と闘うあなたの緑内障を改善できる
3つの理由を包み隠さずお伝えします。




| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 緑内障の治療法 〜改善エクササイズ〜 All Rights Reserved.